りんじろうビルダーの徒然日記

栃木県佐野市の新築注文住宅は地域密着の日総建(株)におまかせください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『りんじろう』の誇り

お盆の墓参りの一週間前、弊社社長の祖父 林次郎が建築した建物を、前建主と昔より縁の深かった方が移築した建物を全社員で見学をさせて頂きました。
 さすが名工といわれた祖父の建物(高松の宮殿下が両毛地区にお越しの折には度々宿泊された)は見事でありました。

T様邸_1

 建主さんの話では、再築する大工さんがなかなか見つからず、奈良県から宮大工を呼び、解体にも基礎がその当時では1階建ての木造建築であっても、しっかりした構造計算されてあり、ドイツの工法を一部取り入れた基礎であることの証明がされたという事でありました。

T様邸_2

 林次郎は当時、佐野の由緒ある名門の家々の新築を手掛け、社寺、座敷書院造り、はたまた茶室等を建築しており、今だに大切に保存、または移築され使い続けられていることに、有難くも改めて建築に携わる仕事に身震いするほどの尊さを感じました。


八坂神社
林次郎の遺作 葛生にある『八坂神社』

 神社、仏閣等は先祖代々大勢の人々に両の手を合わせ、拝み奉られている建築を代々引き継ぎ、りんじろうビルダー 日総建は継ぎの代に繋がる、大切にされる建築を目指したいと、家族全員で祖父 林次郎と父 唯治の墓の前で両手を合わせ誓いを立てました。
スポンサーサイト
[ 2016/08/22 14:32 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。